読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

激安&格安?ひとつひとつのセット価格も「驚き」の納得価格です

とても解りやすく、続いています。CDで発音を確認できるのもとても便利。英語は基礎をしっかり勉強しておくことが大事なので、初心者用として、またはリヒート用としても楽しく勉強できる参考書だと思います。

コスパがいい♪

2017年02月15日 ランキング上位商品↑

ひとつひとつ中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 [ 学研教育出版 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

チラ見で確認したところ!同様にわかりやすかったので家庭教師をする友人にプレゼントしました。今年こそは、、、(笑)と思い購入。単語等は覚えているのに!短文の読解も出来るのに!長文の読解が苦手な高校生の息子に。分かりやすいテキストなので!塾に行かなくても一人で予習できる!ありがたい教材でした。三年分が1冊にまとまっていて300ページくらい(厚み2センチぐらい)ありますが、頑張ってみたいと思います。中学入学したては、まだ小学校気分も抜け切れないので、イラストもあって、なじみやすいと思います。ちなみに、このテキストが終わったあとの学習についても、学研の参考書がカバーの折り返しに書かれていて抜かりないなと思ってしまいました(笑)英語が中学から苦手でしたが大人になり子供をもった今、子に分からない所を教えてやれる親でありたいし、自分自身も基礎から学びたいと思ったので買いました。ただこちらの本はリスニングや発音をするためじゃなく英文法の基礎を学ぶものなので私個人の意見ではCDは余分でした。中高一貫校に入学する準備として利用しています。問題集としては、少々物足りないので、他の問題集と並行して使うのが良いと思います。中学分がまとめてあるので、先を見通すことが出来て良いです。中学英語の基礎が出来ている方が英会話をやり直したいのなら、NHKのラジオ英会話のほうがいいと思います。とても理解し易い参考書です。分厚いので!一冊やり遂げるには時間がかかりそうですが!ゆっくり自分のペースで進めて理解していけば基礎知識はこれでつくと思います。テストの英文も作りやすいです。参考書と問題集が合体した感じです。とっともわかりやすくて、自分の勉強にも役立つと喜んでくれました。今回はそのシリーズの英語を購入しました。イラストでイメージしやすく、1回分の学習が見開き2ページずつなので非常にやりやすい。この本のシリーズで指導用として数学の本を購入しました。自信を持って高校英語に進めそうです。これを始めてみて今までなんとなく感覚でやっていたことに気がついたようです。急に英語を勉強したくなり購入しました!とてもわかりやすく大人になってようやく理解できた事も沢山あります。一度英語を学んだことのある方なら、とてもわかりやすく解説してありスラスラと頭に入ってくると思います。赤フィルターはついていませんが!赤字の印刷がされているので使い方を工夫したいと思います。1/3ほど進んだのでレビューを。ネットの評判やレビューを参考にこちらを選びました。やはりいちばん大切な基本が把握できていなかったことがよく分かりました!とってもおもしろい本です。大変、説明がわかりやすくポイントが適切に書かれており気に入りました。左側に説明!右側に練習問題のドリル という構成です。文字数も少なくすいすい進めているようです。ただし、もう英語の基礎がある程度できているという方が中学の英語を復習するにはかったるいとは思いますよ。極度の英語アレルギーを持つ高校生の教え子のために購入しましたが、この教材は全文をCDで朗読してくれていますので、発音も改善されますし、いいですよ!(^^)!英語は言葉なので、音抜きで詰め込み学習することほどあほらしいこともないのですが、この教材なら音読もすらすらと捗りますので、英語が極端に苦手という方にはお薦めです。基礎をやり直し英語の成績アップしてくれたらうれしいです。学年ごとの英語版もありましたが、この一冊で充分わかりやすいと思います。CDも付いているので発音の練習も出来ます。。忘れてしまった英語をじっくり勉強できる本です。まだまだ先は長いですが頑張って勉強します!ありがとうございました!一念発起、英会話が出来るようになりたいと思い立ったけど中学の頃から英語はバカだったので、私にはちょうど?良い感じです(^_^;)改めて文法の大切さを知りました…とゆうかどんだけ解ってなかったねん?って思いました。半分ぐらい進みましたが焦らず順番に進めて行けば、今まで解っていなかった事が理解出来て前向きに学習出来ています。ただ!この解説は先に載せておいてほしかったな!と思う項目も時々ありましたが…全体的にとても良く考えられてできていると感じました。英会話の本は、かなり買いましたが、ある時やはり基本をしっかりさせないとということに気づき、この本からスタートしました。